相場はないようなもの?ウェブ制作会社の選び方


どういった規模のものを作るか想定しておく

会社のホームページを作りたいと思った時、社内で作れない場合は外部に委託するしかありません。そういった場合に大事なのは、作ろうとしているものをしっかりと思い描くことです。ホームページ制作は非常に簡素なものから、かなり複雑な物まで多くのバリエーションがあります。制作業者の中にはヒアリングをしていくうちにどんどん豪華なものを勧めてきて、初めは想定していなかった規模のものを作ることになってしまったりするのです。もちろん豪華で大規模なページを作れるのは良いことですが、その代わりにコストも膨大なものになってしまいます。そういった事態を避けるためにも、業者に頼む前に大体どのくらいのページ数で、どんな機能が欲しいかを決めておきましょう。

業者に言われるままに見積もりをさせないことが重要

情報が確認できればいいだけの簡素なホームページなら、それこそ格安を売りにしている業者に依頼すれば1万円前後で作れてしまいます。そういったサービスはテンプレートを使ったありきたりなデザインで制作しており、便利な機能は付けられない代わりに簡単に素早くホームページを完成させてくれます。しかし、いざ「お知らせ機能を付けたい」、「ブログを付けたい」といった要望があると、とたんに費用が跳ね上がったりするのです。

高度な仕組みを導入するということは分かりますが、業者に言われるまま見積もりさせてしまうのはとても危険です。実際には便利なシステムを使って簡単に実装できる仕組みなのにも関わらず、一から作って数百万もの金額を要求される場合もあるのです。ホームページを作る際は、まず詳しい人を見付けて大体の相場を確認してから業者を探すと良いでしょう。

コーディングとは、コンピュータのソフトを作るプログラミング作業の一つです。HTMLなどの専門用語を使い、プログラムの中身であるコードを作成していくというものです。